現金書留の料金

現金書留は、現金を郵便で送る場合の一般書留です。現金書留の専用封筒は比較的大きく、のし袋も入る大きさです。お祝いを送る時にも、現金書留を活用することができます。

現金を郵送する場合は、現金書留として送る必要があります。現金を普通郵便として送ることは法律で禁止されています。

現金書留を送る場合の料金は、「基本料金・運賃+書留の加算料金」となります。現金書留用の封筒を利用する場合は、封筒代金が21円必要になります。

自分で封筒を用意して、赤字で現金書留と記載して送ることも可能です。

現金書留用の封筒を利用した場合、82円の料金が運賃として必要になります。また、現金書留の料金が最初の1万円までは430円、以降5,000円ごとに10円が加算されます。例えば、現金書留用の封筒を利用して、1万円を郵送する場合には、「21円+82円+430円」となり、合計で533円が必要になります。

 

スポンサードリンク


現金書留の補償・オプション

現金書留にオプションをつけることもできます。速達や配達日指定、配達証明などオプションをつけると、別途オプション料金が必要になります。

現金書留には最大50万円までの補償が付いています。万が一、事故に遭ったり、郵便が届かなかった場合には、50万円までならお金が戻ってきます。

現金書留の封筒には、何箇所か押印する箇所がありますので印鑑を持参する必要があります。万が一、印鑑を忘れてしまった場合は、署名でも代用することができます。

現金書留の料金の計算は、郵便局の公式サイト内で条件を設定して調べることもできます。もちろん、事前に郵便局の窓口に行って、郵便局員の方に料金を教えてもらうこともできます。

 

スポンサードリンク


 

 

 

 

現金書留

http://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/kakitome/

 

 

 

 

 

ページの先頭へ