iCloud(アイクラウド)は、アップルが提供しているクラウドサービスです。写真、書類、アプリケーション、メモ、連絡先などを保存することができます。

iCloudは誰でも5GBの iCloud ストレージを写真やビデオファイルなどの保管用として使うことができます。iCloud ストレージが足りなくなってしまった場合には、プランをアップグレードすることができます。

アップグレードする場合には、50GB、200GB、2TBのプランから選ぶことができます。ストレージはすぐにアップグレードされ、プランの購入日に合わせて、毎月の支払い日が設定されます。

 

スポンサードリンク


iCloudバックアップ

iPhone、iPad、iPod touch などのデータを iCloud にバックアップしておけば、万が一、本体を紛失してしまったり、本体が壊れた時にでも、情報は保存されているので安心です。

iCloud でバックアップをするには、まず最初にデバイスを wi-fi ネットワークに接続します。次に設定からユーザー名を選択し、iCloud をタップします。

iCloud バックアップという項目が表示されますので、 iCloud バックアップがオンになっているかどうかを確認します。次に、「今すぐバックアップ作成」をタップします。

バックアップが終了されるまでは、 wi-fi ネットワークに接続しておく必要があります。バックアップが終了したかどうかは、「今すぐバックアップを作成」の下に表示された最後に作成されたバックアップの作成日時で確認をすることができます。

毎日自動でバックアップをする設定をしておけば、うっかりとバックアップを忘れてしまう心配はありません。

iCloud メール

iCloud メールを使うためには、最初にメールアドレスを設定する必要があります。

@icloud.com のアドレスを iCloud からメールを送受信するときに使用するには、各デバイスであらかじめ設定しておく必要があります。

iPhone、iPad、iPod touch の場合には、設定からメールデフォルトアカウント>iCloud の順にタップをしていきます。Macの場合、新規メッセージ送信元を @icloud.com メールアドレスを選択します。

iCloud のログイン・サインイン

Apple ID を使えば、Apple のすべてのサービスへログイン・サインインをすることができます。新しい iPhone、iPad、iPod touch、Macの電源を入れて設定する場合には、Apple ID でサインインするようにメッセージが表示されます。

iCloud と iTunes に別々の Apple ID を使う場合は、デバイスの設定画面やシステム環境画面で変更することができます。

iPhone、iPad、iPod touch から iCloud にログインする場合は、設定 > iCloud に移動します。Apple ID とパスワードを入力することで、サインインすることができます。

Mac の場合は、システム > 環境設定 > iCloud の順に選択し、Apple ID とパスワードを入力するとログインすることができます。

 

スポンサードリンク


 

 

 

 

 

 

 

iCloud

https://www.apple.com/jp/icloud/

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ